心書「静寂」1202

『静寂』

穏やかな
水面流れる
葉のように
ただゆらゆらと
この身ゆだねて

 

『忙しい』
『疲れた』
『ハァーッ』

と思わずつくため息。
 

仕事や家事、子育てなどで忙しく過ぎていく毎日。

追われるように過ごす日々。

 

頭も体もフル回転。 

『休日は疲れて1日寝てる』

そんな人もいると思います。
 

やらなければならないこと。

これに追われていると、つい見落としてしまいます。
 

『何をですか?』

と思ったかもしれません。
 

あなたの感情です。

そこにある深い意味をです。
 

松任谷由実さんの歌

「やさしさに包まれたなら」

にこんなフレーズがあります。
 

目にうつる全てのことはメッセージ♪
 

感情はそのメッセージを感知するセンサーの役割もあります。

 

あなたの中のさまざまな感情。
その背景を探っていきます。

 

すると、そこに見え隠れするメッセージを読み取ることができるからです。

 この世に偶然はない、起こることは全て必然

なんとなく分かったように思っていたこの言葉。
 

最近は以前より理解が増したような気がします。
 

「思考は現実になる」
「引き寄せの法則」
 

そうは言われても、、、

なかなか望みは叶わない。
 

そう感じる人は多いと思います。
 

私もそんな感じでした。
 

でも今は、

思考はつねに創造している。

 

そんな実感があります。

 

もちろんすぐに実現しないこともありますよ。
 

そして、ひとりひとりの思考が現実を創っている。
 

その結晶として世界は創られていると感じるのです。
 

思考というのは停止ボタンも一時停止もありません。

放っておけば絶えず働きます。
 

人は1日6万回思考していると言われています。

6万回ですよ。
信じられないような数ですよね。
 

その思考の中にはさまざまなものがあります。
 

そして、思考は感情も合わせ持っているのです。

しあわせで楽しいもの。
その逆もあります。
過去への後悔。
未来への心配。
誰かへの怒り。
閉じ込めた悲しみ。
疑心暗鬼。 

ひとつひとつは小さなものかもしれません。

でもそれらが積み重なっていくとどうでしょうか?
 

どこかで不具合が起こったりする可能性があります。

とつぜん怒りが爆発する。
解放できない悲しみで胸が張り裂けそうになる。
他人を信じられない自分に嫌気がさしてくる。

 

それらは負の波動としてあなたから発せられます。

その波動に引き寄せられてくる現象は残念ながら歓迎すべきことではないです。
 

生きていれば能動的にならざるを得ません。

食べるためには考えて、身体を使います。

ビジネスをしている人ならば、

『お客さんに提供するサービスをもっと良くしたい』
という思いがあるはずです。
 

確かに大切なことですが、その思いも突き詰めると際限がありません。

やはりバランスも大切です。

止むことのない思考を休める時間も必要なのです。

 では、どうすればいいのか?

いろいろありますよね。

 

好みもあるでしょうし。

 

簡単な方法としては、自然に触れるというのもいいですよね。

山や海に行ければベストです。

 

でも都会に住んでいて、時間がない人もいますよね。

そんな場合は少し大きな公園や神社仏閣でも大丈夫です。 
 

私は最近、瞑想を習慣にしています。
 

瞑想と聞くと敷居が高い印象もありますよね?
 

実際、私もそうでした。

 

雑念とかは平気で浮かびますよ。

でもだんだんと薄れてきます。
 

ゼロになっていく。

上手くいくときは
こんな感覚になります。
 

まさに『静寂』です。
 

なにもしないことが
こんなに気持ちがいい。 エネルギーがたまってくる。発見というか再発見でしたね。 

(追記)でも、『瞑想は自分に向かないかなあ、、、』 という方もいますよね?

瞑想みたいに思考を休めるというのとは違いますが、
 

『マインドブロックバスター』

というものがあります。
 

3分で1個、心のブロックを解除するというものです。
 

私も最初、『ホントかなあ?』と思ったのですが、

実際にセッションを受けてみて、その効果を実感しました。

重くのしかかっていたものが取れて、軽やかになります。
 

マインドブロックバスターは、セッションも受けられますが、習うこともできます。

インストラクターになる人もいますが、自分自身で使うために習う人も多いそうです。
 

確かに、自分のために使えたら、便利ですよね。

実は、私も何かあるときに、この方のセッションを受けてサポートしてもらっています。

マインドブロックバスター(千葉由紀子さん)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です