心書「矛盾」1209

『矛盾』

世の中は
つじつま合わぬ
ことばかり
合わぬなら
無理に合わせる
ことはない
つじつま合わねど
自分の道は
歩いてゆける 

 

『それ矛盾してるよ』
なんて使われ方もしますが、

世の中には矛盾していること、
つじつまが合わないことは結構ありますよね。

『戦争やテロはなぜなくならないのか?』
『貧富の差はなぜなくならないのか?』
『環境汚染はなぜなくならないのか?』

書き出せばきりがないですが、

世の中で問題になっていることには
必ずと言っていいほどこの『矛盾』があります。

そこには既得権益が絡んでいたり、
さまざまな意図があるのですが、

真っ向からぶつかっていっても
なかなか解決しそうもありません。

特に正義感が強い人はそのことで
ストレスがたまっているのではないでしょうか?

これを書いたのも筆文字を始めたころばかりのころですが、
今よりも考えがガチガチに固かったですね。

でも今はもう少し違う目で世の中を見れるようになりました。
物事を見る視点や深さが変わってきましたね。

『矛盾』は中国の故事からきている言葉です。

それは楚の国の矛と盾を売り歩く商人のお話です。

矛を売るときはこう言います。
『この矛はとても鋭いので、どんなに堅い盾でも突き通す』

盾を売るときはこう言います。
『この盾はとても堅いので、どんなに鋭い矛でも突き通せない』

それを聞いた客の1人が言います。
『それでは、その矛でその盾を突いたらどうなるんだ?』
と聞かれて返答に困ってしまったというものです。

 

戦争もそうですよね。
互いの正義を主張します。

『自分たちが絶対正しい』
という主張のもとで争うからです。

議論でも平行線をたどるのはこのパターンです。

意志や思考は人の数だけあります。
それぞれが正しいという思いを発していれば、
確かにまとまらないですよね。

そこをうまく合わせたり、すり寄せたりで
世の中は成り立っています。

決してベストではないですが、
なんとかつじつまを合わせている状態です。

これはひとりひとりの心の中もそうではないでしょうか。

あなたの思考と行動は一致していますか?

あなたの心の中で本当にやってみたいこと。
なんとなく直感でやってみたいこと。

それを実際やっていますか?

『それは、、、』
という人も少なくないのではないでしょうか。

人にもよりますが、いろいろと制限と感じられるものがありますよね。

『お金が、、』
『時間が、、』
『家族が、、』

確かに生きていくうちにできたしがらみや状況というのは
ある意味やっかいで、行動にストップをかけることもあります。

そして、新しいことを始めるようとすると無意識が抵抗します。
慣れ親しんだ状況に戻ろうとするからです。

この世は人間の意識の総和で成り立っています。
この世が矛盾しているということは、
人間そのものが矛盾しているとも言えます。

とくに無意識にあるものは自覚することが難しいです。

例えば、

何か目標を持つと、何故か関係ないことをしたり
することはありませんか?

関係ないことをしてわざと忙しくするのです。
結果として自分が本当にしたいことに集中できなくなります。

僕は実際に経験があります。
だから今では意識して気をつけています。
『余計なことはしないようにしよう』と(笑)

自分の無意識といかに仲良く付き合うかはとても大切です。
潜在意識ともいいますが、その影響はとても大きいからです。
しかも自分で自覚することが難しい。

外の世界の矛盾はさきほどの中国の故事のように、
真っ向からぶつかっていくと解決が難しいです。

それは矛盾自体がなくなることはないからです。
この世には、さまざまな意識がある以上
白と黒にハッキリ分けることは難しいです。

その状況をいったん受け入れます。
そこから自分の中の調和を探していくのです。

世界が矛盾に満ちていても、
まずあなたの中に調和を見い出すのです。
あなたが本当に自分らしく生きるのです。

ではどうすればいいのか?

まず潜在意識について知ることが大切です。

彼を知り己を知れば百戦危うからず

有名な孫子の言葉です。

あなたの無意識や潜在意識がどのような働きで
どのような影響を与えているのか?

それを知る必要があります。

無意識や潜在意識で検索すると
かなりの情報がヒットするはずです。

あまりひとつの話を真に受けないで、
いろいろな人の情報を見ることをオススメします。

この手の話は知っているようで
よく理解できていないことも多いです。

『調べるのも面倒』
『分かりやすい話が聞きたい』
『本質的なことを知りたい』

もし、そう思っているのなら
面白い集まりがありますよ。

かなり面白くて興味深いお話が聞けます。

毎月定期的に開催されているみたいなので、
ピンと来た方はチェックしてみてくださいね。

DVD ザ・シークレット シェア会