迷子になっていませんか?

78ecfb7b8a6fcc4de20dcce24ccc87fa_s

『突然何を言い出すんですか?』
なんて思ったかもしれませんね。

確かに突然過ぎました。
でも、こんなイメージが浮かんだのです。
多くの人が小舟で大海原に乗り出しています。
みなさん何かを探しているみたいです。

いえ、正確に言うと探している人もいるのですが、
あてもなくさまよっている人もいます。

でも、探している人もそうでない人も同じように
見えるんです。

どう例えたらいいでしょうか、、
そうですね、、、
海を漂うクラゲみないな感じでしょうか。

大海原にたくさんの小舟が漂っている。
次々にくる波に揺られながら、なすすべもない。

時折やってくる大きな波にあわや転覆しそうになる。
もっと大きな波がきて飲まれてしまうのではないか
という不安も抱えている。
だけど浜辺に引き返そうとしない。

こんな感じのイメージなんです。
『何が言いたいのか分からない』
そう思われてもしかたがないですね。

それをこれからご説明していきます。

情報という魅惑に誘われて

987ec5ade207ab3835519143f6a8603a_s

スマホにキーワードを入れれば、知りたいことは
ほとんど分かってしまう現在。そしてフェイスブ
ックやラインなどの絶え間ない情報交換。

最初はダイエットで検索していたのに、いつの間にか
全く関係ない情報に触れている。

そんなことはありませんか?

最初は東京湾を観光船で楽しんでいただけなのに
いつの間にか大西洋にいるみたいなものでしょうか。

スマホをタッチするたびにあなたの脳内で繰り広げ
られる仮想空間での旅。

身体を動かすことなく楽しめる魅惑的な脳内旅行。

あなたが確固とした目的をもって旅をしているのなら
問題ありません。

もしそうでないのなら、あなたの思考は情報の波に
飲まれて奪われている可能性があります。

情報の中で自分自身を見失うリスク

5b294c1474a69326a40a023d1b8a30f3_s

あなたは何かの答えを求めているのかもしれません。
それは健康、お金、仕事、人間関係でしょうか?

でもこれだけの情報量です。
なかなか『これだ!』というようなものに出会う
ことは難しいのではないかなと思います。

仮に、見つかったとしても関連情報を調べていると
また違う情報が出てきて混乱する。

そんなことはありませんか?

主体性がなく無造作にたくさんの情報に触れると
あなたの混乱は深まるばかりです。

あなたと情報の主従関係が逆転している状態ですね。
情報が主で、あなたが従。

あなたは自分で調べているつもりではいます。
自分が情報を使っていると思っています。
しかし実際は情報に使われているような状況に
陥っているのです。

綱渡りの綱があなたの主体性みたいなものです。
例えば、高層ビルの間を綱渡りしているとします。
ご存知の通り綱渡りはバランスが命です。
よそ見をしたり、下を見て高さに恐怖を感じたら
たちまち真っ逆さまに転落する可能性もあります。

無造作に情報に触れることは大海原をコンパスなしに
航海するようなものなのです。

では情報を正しく使いこなすには?

068ce6bc6c2d47930210995da0992ac0_s

あなたの主体性を取り戻すのです。
思い出すと言ったほうがいいかもしれませんね。

あなたの脳内にはあなたが思っている以上に
膨大な情報があります。

『いや、膨大は大げさでしょ』
と思った人もいるかもしれません。

しかし、あなたが忘れているだけで心の深いところ、
潜在意識にはしっかりと保管されているのです。

なのであなたがもし憧れていることや夢が
あったとしても、それが他人からの刷り込み
だったという場合だってあるのです。

憧れや夢を壊すみたいで申し訳ないのですが
それだけ気づかないうちに多くの情報に触れて
いるということなのです。

もちろんあくまで可能性の話ですよ。

こんな話をすると、
『自分のことは自分がよく分かっている』
という人もいるかもしれません。

しかし案外そこが盲点の場合もあります。
そんなことを頭に入れておくと客観的に
自分を見ることもできます。

ではどうすればいいのか?

e269da681c340282ff5bbd7a932f5413_s

ズバリ言います!
情報や音を遮断する時間を作ってください。

スマホやパソコンでの検索はもちろんですが、
テレビや音楽など全てです。

可能な限り情報や音から離れる時間を
少しでも作るように心がけます。

瞑想などをするのもいいのですが、
敷居が高いと思われる方もいます。

なのでまず視覚や聴覚から入ってくる情報を
出来る限り遮断します。

何もしないでいるのは苦痛に感じる人がいる
かもしれません。

その場合、黙々と片付けや掃除をするなどでも
いいと思います。

散歩をするなどもオススメですね。
自然が多いところを歩ければなおいいです。

そうするとどうなるのか?

自身の心の声を聞きやすくなります。
絶えず情報や音にさらされていると
自身の本当の声が分からなくなるのです。

強制的に外側の情報や音を遮断することで
あなた自身の本当の声を聞くのです。

最初はかすかなものかもしれません。
ほんの少しのヒントくらいかもしれません。

しかしそのかすかな声やヒントから、
最初の一歩を踏み出せばいいのです。

自分と向き合うのが恐いと思う人もいるでしょう。
そんなことしないで外の情報に触れていた方が
楽でいいのかもしれません。

しかしそれではいつまでたっても海を漂うクラゲ
みたいにどこにも進むことができません。

もちろんどうするのかを選ぶのはあなたです。
あなたには自分の人生をどうように生きるのか、
どのように日々の時間を使うのかを選択する自由
があります。
もしあなたがこの方法を試すとしたらですが、
ひとつだけアドバイスがあります。

習慣というのはとても強い力をもっています。
いきなり今まで触れていた情報を遮断しようとす
ると、あなたにもとに戻すように巧みに誘導して
きます。

だから最初は5分とか10分でも大丈夫です。
そんな時間では心の声は聴けないかもしれません。

しかし情報を遮断する時間に慣れるという意味では
充分に効果があります。

慣れたら20分、30分と時間を増やせばいいのです。

潜在意識は非常に巧妙なので、少しずつ変えていく
方が
得策です。

無理なダイエットをしてリバウンドをしてしまうのは
潜在意識がもとの習慣に戻そうとするからです。

だから習慣は少しずつ変えていく方が効果的なのです。

人生の主人公はあなたです

cd5ace0fe497b2d6fe77581912ba7008_s

人は自分と向き合うのを怖がる傾向にあります。

なぜなのでしょうか?

それは自分と向き合い、その心の声を聞いてし
まうと、それをしなければならないと思うからです。

自分の声に従うということは自分で責任を取る
ことを意味します。

失敗しても誰のせいにもできない。
そんな恐れを無意識のうちに感じているのです。

『不満があっても今の仕事をしている方がいい』
『本当はやりたいことがある』
そんな2つの思いが交錯します。

これはほとんどの人に当てはまることです。
もちろん私もそうでした。

私はある出会いがきっかけで自身の人生の地図を
手に入れることができました。

そして、そこに書かれていることと、現在の自分の
状況がいかに違うものなのかを知りました。

しかし、会社を辞めるまで1年くらいかかりました。
今までの自分との葛藤があったからです。

しかし、私はこう決断しました。
人生の地図に従おう。
心の声に嘘をつくことはできない。

その思いで何とか古い自分を振り切りました。
不安がなかったと言えば嘘になりますが、
辞めてからの展開と出逢った素晴らしい人たちの
ことを考えると自分の決断は間違いではなかった
と言いきることができます。

あなたにも本来の自分の人生を歩んで欲しい。
心からそう思っています。


あなたの本当にやりたいことはなんですか?


あなたの心の声はあなたに何を語りかけていますか?

 

P.S.『人生の地図ってなんですか?』
と思われた人もいるかもしれませんね。
その話はまた今度しますね。