17021862_1270765533015240_7499531386764082888_n

『縄文時代にタイムスリップしました』

ってなんのことか分かりませんよね。
 

昨日、ワアミ先生の『楽しくヲシテ文字を書く会&フトマニカードWS』に参加してきました。

『ヲシテ文字?』
『フトマニカード?』

初めて聞いた人もいるかもしれません。
 

ヲシテ文字は縄文時代からあると言われている日本固有の古代文字で、

フトマニカードは『宇宙の循環』を表したフトマニ図の文字をカードにしたものです。
 

フトマニ図は『ヲシテの真髄』『縄文人の哲学』なのだそうです。
 

ヲシテ文字は『ホツマツタヱ』という日本の歴史書で使われています。
 

日本の歴史書と言えば『古事記』や『日本書紀』が一般的ですが、

『ホツマツタヱ』はいま少しずつ脚光を浴びだして、日本の歴史に新たな視点を与えてくれています。
 

『古事記』や『日本書紀』などの歴史書はなかなか独学で理解するのは難しいですが、

『ホツマツタヱ』もやはり歴史書なのでかなり奥が深いです。
 

でも、独学は難しくても、ワークショップに出るとその世界観を体感できます。
 

知識と言うよりその世界観を体感するだけでもオススメですよ。

もちろん知識を深めたい人はさらに学べばいいと思います。
 

みんなで楽しみながらヲシテ文字を書き、フトマニカードを作りました。
 

講義を聞くだけではなくて、実際にヲシテ文字を書いたり、

フトマニカードを作ることで縄文人の叡智を体感できます。

16998126_1270776206347506_1387424682850246229_n  16998204_1270766483015145_8497473925903325739_n (2)

17021663_1270769549681505_455671008096022630_n

16997682_1270766663015127_3910845482417374992_n

縄文人の哲学に触れる貴重な一日でした。
 

講師のわあみ先生はとにかくテンポがよくて面白い人です。

16997981_1270769116348215_2559665880409653635_n

軽快なトークと豊富な知識であなたにホツマツタエとヲシテ文字の世界観を体感させてくれますよ^^
 

ワアミ先生の作品です。

17022418_2073528369540437_8164608893314707990_n

ワアミ先生関連サイトです。

興味がある方はこちらをご覧になってくださいね。

楽しくヲシテ文字を書く会【西日本】

やさしくヲシテ文字・わあみ

Wami Therapy Salonワーミセラピーサロン

わあみのアートで心身を調和させよう!!

WAMIART

(追記.2017.10.19)実は、この日はあるキッカケが生まれた記念すべき日でもあったんです、、、

ワアミ先生から、

『船橋でも、ホツマやヲシテ文字に関する同好会とか作ったらいいんじゃない?』

というようなことを言われたのです。
 

それを受けて誕生したのが現在、千葉由紀子さん、鈴木邦明さん、私(中澤勝巳)の3人で主催している『ヲシテ同好会』です。
 

そして、この日は私がすずりんこと鈴木邦明さんに初めて会った日でもあります。

16865027_2073528419540432_5184156806700410147_n (2)

そして、約4ヵ月後の7月2日には、すずりんが『生命の花をこの世で咲かそう』を出版することに。

写真 2017-09-16 15 46 04

19260407_1419443628123194_863778096791619779_n

三人でお台場にも行きました。

写真 2017-07-14 18 11 08

ちょっと早い時間からイヤサカ(乾杯)(笑)

あっ、ちなみに、、、

すずりんこと鈴木邦明さんの詩集『生命の花をこの世で咲かそう』はこちらから購入できます。

でも、初めての方はすずりんがどんな人なのか、この詩集がどんな本なのか分からないですよね?
 

その疑問にお答えできる記事がありますので興味がある方はご覧になってください。

『すずりんこと鈴木邦明さん』がどんな人なのかを知る記事

『花咲爺さん』のお話

『生命の花をこの世で咲かそう』がどんな詩集なのかを知る記事 

『結魂(けっこん)しよう』

実は私個人もこの日がキッカケになったことがあります。

千葉由紀子さんに誘われて、いと きょう先生の『ホツマツタヱ』勉強会に初めて参加したのが

昨年10月のことです。
 

ほぼ予備知識なしで参加したのですが、縄文人の宇宙観にある意味、衝撃を受けた日でもありました。

そして、ヲシテ文字と出会ったのもこの日が初めてです。
 

筆文字で詩を書くので、このヲシテ文字を是非活かしたいと思っていたのですが、、、
 

ちょうどライターとしてあるプロモーションに参加することになって、そちらに集中することになったのです。

悶々としながらも過ごした時期ではありました。
 

でも、それが終わり、このワークショップに参加したことで、

再び、ヲシテ文字、ホツマツタヱに対する想いが再燃したというわけです。

もちろん『ヲシテ同好会』が発足したのも大きいですね。
 

現在の『名詠み詩』などの筆文字のサービスが本格的に始まったのが7月くらい。

ちょうど、すずりんが本を出版するのと同じくらいだと思います。
 

あっ、ちなみに私の筆文字サービスはこちらになります。

名詠み詩(なよみうた)

命名祝詩(なほぎうた)

言靈分(ことだまわけ)
 

そして、もちろんこの方を忘れるわけにはいきません。

我がヲシテ同好会の中心的存在でもある千葉由紀子さんです。
 

彼女はダンサーとして社交ダンスの先生をしながら、セラピスト、

勾玉オルゴナイト工房のデザイナー&クリエイターとして幅広く活躍しています。
 

そんな千葉由紀子さんの関連サイトはこちらをどうぞ。

マインドブロックバスター

勾玉セラピー

勾玉オルゴナイト工房
 

いろいろな意味で大きなキッカケとなったこの日のワアミ先生のワークショップ。

本当にありがとうございました!

16995980_1270775723014221_7625075030103462345_n