IMG_1554

48音の歌で心身が調和する!?

『たった48音の歌を歌うだけで心身の調和が取れるんです』
 

そんなことを聞いても、

『えっ?そんなことあるの?』

というのが普通の反応かも知れません。
 

かくいう私も最初はピンときませんでした。
 

きっかけは『ホツマツタヱ』という歴史書の勉強会に参加したことです。

その『ホツマツタヱ』の中に『アワ歌』という48音の歌が出てきます。
 

『毎日歌うことで心身が調和して、長寿になる』

と書いてあるのですが、

『う~ん、本当なんだろうか?』

というのが最初の反応です。
 

でも、正しい理論を聞き、実際に歌ってみると『この歌はすごい!』と納得せざるをえませんでした。
 

たった48音のアワ歌にどんな秘密が隠されているのか?
 

もしあなたが以前の私みたいに『う~ん、本当なんだろうか?』と思っているなら、

これから書いていく事がその疑問を解いていくことになるはずです。

古代の人には当たり前だった言霊(ことたま)という概念

言霊(ことたま)という言葉を聞いたことはありますか?
 

言霊(ことたま)というのは言葉には霊力、すなわちエネルギーがあるということですが、

現代人にはすっかり分かりづらいものになってしまっているみたいです。
 

声を出すということは、コミュニケーションが取れれば十分だと多くの人が認識しているように思います。
 

『意思疎通ができれば十分じゃないの?』

という考えも分からなくはありません。
 

でも、それだと残念ながら、言霊を体感することはできないんですね。

言霊というのは言葉を響かせることで体感できるものだからです。
 

そんなこと言うと、

『言葉を響かせるってどういうこと?』

と思う人がいるかもしれません。
 

ちょっと試して欲しいのですが、

『あ~~~、い~~~、う~~~、え~~~、お~~~』

と母音を伸ばす感じで声を出してみてもらえませんか?
 

身体のある箇所に響く感じがしませんか?
 

実はこれ、それぞれの言葉が人体のチャクラに対応しているのです。

チャクラはヨガなどではおなじみの言葉ですが、霊体に属する7つのエネルギーセンターのことをいいます。

そのうちの5つに『あいうえお』が対応しているのです。
 

すなわち『あいうえお』と母音を伸ばして声に出すだけで、対応するチャクラを活性化することができると言うわけです。

チャクラが活性化する、すなわち心身のエネルギーも高まると言うわけですね。

個人差はあるとは思いますが、身体がポカポカしてきます。
 

『あいうえお』は日本語の基本で、小さなこどもでも唱えることができるものです。

そして、我々大人にしてみたら、普段意識することがないくらい当たり前のことですよね。
 

しかし、『母音を伸ばして声に出す』、たったこれだけで、心身に及ぼす効果というものを体感できるのです。
 

これらは古代の人にとっては当たり前のことでした。

でも、言霊という概念から紐解くと『あいうえお』だけでもこれだけの発見があるのです。

すごいと思いませんか?

さらにすごいアワ歌48音の秘密

アワ歌がなぜすごいのか?

それをこれから書いていきますね。
 

アワ歌は上段24音、下段24音から構成されています。

『ホツマツタヱ』によるとイサナギ、イサナミの二神は、国が乱れ、

言葉が乱れているを正すためにアワ歌を教え広めたとされています。
 

アワ歌のアは『天』、ワは『地』を表し、イサナギが上段24音をイサナミが下段24段を歌って教えたと言われています。

そういう意味で、天と地をつなぐ歌という解釈もできますね。
 

アワ歌を五七調に並べるとこのようになります。

アカハナマ  イキヒニミウク

フヌムエケ  ヘネメオコホノ

モトロソヨ  ヲテレセヱツル

スユンチリ  シヰタラサヤワ
 

また、こんな並べ方をしてみると、

アカハナマ  タラサヤワ

イキヒニミ  チリシヰ

ウクフヌム  ツルスユン

エケヘネメ  テレセヱ

オコホノモ  トロソヨヲ

左側を上から下へ、右側は下から上へ読んでいくとアワ歌になります。

この並びをそれぞれ上から下へ読んでいくと、『アイウエオ、カキクケコ、、』などの順番になるのです。
 

面白いでしょう?
 

 

『ホツマツタヱ』で使われているヲシテ文字は、

母音がうつほ(空)、かぜ(風)、ほ(火)、みづ(水)、はに(地)の五元素を、

子音がそのエネルギーの状態を表しています。
 

縄文の人たちはこの宇宙にあるエネルギーを文字の形に表し、それを取り込んで活用していたのです。
 

文明が発達して、知識がたくさんあることが良いとされてきました。

さらに外国からのさまざまな知識が入ってきて、日本古来からある知恵や感性というものが

置き去りにされてきたのが現在の状況です。
 

時代とともに積み重なってきた過去の記憶や、さらに増殖し続ける知識がこの世界を複雑なものにしています。
 

アワ歌を歌うことで、この宇宙のエネルギーを心身に取り込むということを体感できます。

知識というものを手放し、アワ歌の響きに心身を任せることで、古代縄文の人たちの感覚を共有することができるのです。
 

アワ歌の響きに心身を任せていると、思考は停止して、感覚が広がるような感じがします。

そう、感性が呼び起こされるみたいに。
 

たった48音の響きで、この素晴らしい感覚を体感できる。

きっとこれは他のことでも当てはまることなのでしょう。

つまり、本質はシンプルだということですね。
 

世界は本当はシンプルにできているのだと思います。

そして、同じように真実もシンプルなのです。
 

縄文人が感じ取っていた感性は決して、知識で学ぼうと思っても理解できるものではないでしょう。

ご紹介したアワ歌も実際に大きな声で歌ってみることで、その効果を実感できます。
 

答えを探し求めて、さまざまなものを学ぶのも大切なことです。

しかし、学ぶということが知識という頭を使うものだけに偏るとき、人は大切なものを忘れてしまいます。

 
世界を複雑にしているのは、他ならぬ人間なのだと感じます。

人はいろいろな答えを求めて、さまざまな情報にアクセスしようとします。

しかし、あなたが求めている答えは、もっとシンプルなところにあるのかもしれません。
 

このアワ歌も一般的な認知度はまだまだかもしれませんが、いま急速に広がりつつあるようにも感じます。

きっと日本人に刻み込まれたDNAが大切なことを思い出そうとしているのではないでしょうか。

そんな事を感じる今日この頃です。
 

このアワ歌も実際に歌ってこそ体感できるものです。

現に私もアワ歌の存在を知りつつも、実際に歌っていたかというとそうではありませんでした。
 

しかし、アワ歌の研究をされている宮﨑貞行先生の講義を受け、集まった人たちとアワ歌を

実際に響かせることで言霊(ことたま)パワーの凄さを体感しました。
 

チャクラが活性化して身体がポカポカしたり、頭がスッキリするなどの効果を実感したのです。
 

この記事を読んで、もしアワ歌に興味を持たれた方には機会があれば是非、

宮﨑先生の実際の講義やイベントなどにご参加されることをオススメします。
 

また宮﨑先生がアワ歌について書かれている本も大変分かりやすいですよ。

この記事に書いてある『あいうえお』とチャクラの関係についても詳しく書かれています。
 

とにかく『こんなに多角的にアワ歌を研究しているの?』と思ってしまうような本です。

興味がある方には是非お読みいただきたいなと思います。