やっとお目にかかれました!

20840823_2174212139472059_1847574368766924130_n

昨日、上野の東京都美術館で開催されている『ZEN展』に行ってきました。
 

友人の千葉由紀子さんが出品している『アワの歌の首飾り』と、

由紀子さんのご紹介で知り合った田所伸子さんが出品している写真を見に行くためです。
 

上野公園内にあるこの美術館。

じっくりと館内に入ったのは初めてかもしれません。
 

実はかなりの方向音痴です。

始めて行くところは大抵迷います。
 

上野公園は何度も行っているので心配していませんでしたが。
 

すると駅に着いたあたりで由紀子さんからメッセージがきます。

『会場になかなかたどり着けなかった。迎えに行こうか?』
 

彼女も私と同じで、かなりの方向音痴です(笑)

どうやら館内は広くて分かりづらいみたいです。
 

しかし、運良く『ZEN展』のポスターがすぐ目に入り、ここから上がっていけばいいということが分かりました。
 

2階に上がると由紀子さんと伸子さんが2人でお話をしています。
 

由紀子さんは私が迷わずに来れたのが意外だったみたいでしたが(笑)、とにかく二人の作品を拝見することに。

まず田所伸子さんの写真から。

20841032_2174212126138727_9090996629292552862_n

熊本と江の島で撮ったという写真が2点出展されていました。
 

写真を撮ったときのお話などをご本人から伺ったところ、興味深いお話が聞けました。
 

伸子さんの写真の撮り方は少し変わっていて、呼ばれるようにその場所に行き、写真を撮る瞬間もインスピレーションのように突然やってくるのだそうです。
 

写真を見た人から『ここにこんなものが写ってますね』などと言われて、氣づくこともあるそうです。
 

ご自分でも『本当に自分で撮ったのかな』みたいな感じなのだとか。
 

導かれるようにその場所に行き、導かれるようにその瞬間をカメラに収める。
 

私の場合は言葉です。

いつ、どんなときに、どんなきっかけで言葉が出てくるのか分からないので、携帯のメモは愛用しています。
 

伸子さんはその瞬間をカメラに収め、私は詩や文章にします。

同じようなものを感じて、なんだかとても共感してしまいました。
 

熊本と江の島の写真はどちらも素敵でしたが、強いて好きな方を選ぶとしたら熊本の写真です。

青空に広がる雲の様子が素晴らしく、一緒に映っている昔の家が何とも言えない風情を感じさせてくれます。
 

特に雲は一瞬で形が変わってしまうので、この瞬間をカメラに収めたのがすごいなあと思いました。

それから由紀子さんの『アワの歌の首飾り』を見に行きます。

20729355_2174212179472055_5312633170683928518_n

20841157_2174212046138735_7827994405241746756_n

FBで前日にアップされていたので、どのようなものか分かってはいましたが、、、

実物はやはりエネルギーが違います。
 

由紀子さんの想いが詰まっているのもあるのでしょうが、ヲシテ文字、アワの歌のエネルギーの強さを感じます。
 

アワの歌は『ホツマツタヱ』という歴史書に登場するものです。

この歴史書は古代文字の1つで縄文時代からあるといわれる『ヲシテ文字』で書かれています。
 

その昔、イサナキとイサナミがこの歌を教え広め、言葉や国の乱れを整えたそうです。
 

アワの歌

あかはなま いきひにみうく
ふぬむえけ へねめおこほの

もとろそよ をてれせゑつる
すゆんちり しゐたらさやわ
 

あ(天)から始まり、わ(地)で終わるので天地をつなぐ歌という意味があり、歌うと心身を整える効果もあります。
 

この『アワの歌の首飾り』はさまざまな趣向が込められていますが、一見しただけでは分かりづらいと思いますので、見どころを書いてみました。
 

見どころ①勾玉と珠に向かって左上から、右上までにアワの歌がヲシテ文字で一字一字書いてあります。

見どころ②母音はチャクラに対応していて、それぞれのチャクラに応じた色でヲシテ文字が書かれています。アは緑、イは藍、ウは橙、エは青、オは黄。

見どころ③中心の勾玉は男性性を現す赤が『イサナキ』で伊勢の御神水で清めた水晶が、女性性を現す青が『イサナミ』で出雲の御神水で清めた水晶が入っています。

見どころ④この二つの勾玉を統合すると、真ん中に『渦巻きの桃』、逆さにすると『ハート』になります。

見どころ⑤中心の勾玉の側面にも『アワの歌』がヲシテ文字で書かれています。右回り、左回りで見えないところでつながって無限の∞になるように。

『アワの歌』に対する想いをとことん詰め込んだこの『アワの歌の首飾り』はその世界観や物語がたっぷりと込められています。

なかなかお目にかかれないくらい見事な作品に仕上がり、アワの歌をご存知の方も、そうでない方も一見の価値があります。

千葉由紀子さんの『アワの歌の首飾り』
田所伸子さんの熊本と江の島の『写真』

これらが見れるのは東京都美術館で開催されているZEN展だけです。

20日まで開催されているので、ご都合つく方はぜひ足を運んでくださいね。
 

『ZEN展』東京都美術館8/14(月)~8/20(日)まで