写真 2017-08-23 11 59 42

今朝、突然『靖国神社に行こう』と思った。

なぜそう思ったのかは分からないけれど。
 

久々に訪れた靖国神社。

やはり感じるのは厳かな雰囲気です。
 

その雰囲気を感じながら、祀られている方々に静かに手を合わせます。

哀悼の意を捧げ、感謝を伝えました。
 

靖国神社に関しては、正直あまり知識はありません。
 

『靖国』は明治天皇が命名したこと、幕末の明治維新から大東亜戦争まで、

国の為に尊い命を捧げられた方々を神霊としてお祀りしているということくらいです。

その数、246万6千余柱。
 

しかし、あまり知識がなくても、靖国神社が特殊な神社であることは分かります。

それが、戦争という暗い影の影響を受けているということも。

歴史は過去のさまざまな記憶や解釈で作られていきます。

多くの人が、詳しく知らなくても、

『周囲がそう言っている』
『テレビでそう報道している』

という影響を受けて、

『なんとなくこういうものだ』

という解釈をしているような氣がします。
 

また、詳しく勉強したとしても、偏った解釈のみを信じればバランスを崩し、

『真実』というものから遠ざかってしまうでしょう。
 

知識に偏ると、せっかく自らに備わっている『感じる力』を封じ込めてしまいます。

やはり、『知識』と『感じる力』のバランスは大事です。
 

靖国神社に関しても、国の為に尊い命を捧げた方々に哀悼の意を捧げ、感謝を伝える。

それだけでもいいのかもしれません。
 

ただ、神社というのは、成り立ちや存在意義など深い意味があります。

また、専門家のお話の中には目から鱗みたいな情報があったりするものです。
 

幸い私はちょうど来週の8月30日(水)に山田祥平さんという神社案内のスペシャリストのイベントに参加します。
奈良県より神伝人山田祥平さんをお迎えして【東京大神宮&靖国神社参拝ツアー】
 

祥平さんの神社案内は他では知ることができないお話を聞けるので、今から樂しみにしています。

そして何より体感することを大切にしているので、上辺だけの理解でなく、心や魂に腑に落ちるのです。
 

私は明治神宮の神社案内に参加して、それを自らの心と身体で体感しました。

その時の記事はこちらです。
神社参拝~その深い意味を体感した日
 

あまり知識がないフラットな状態で、この日を迎え、

当日に自分が感じることを通して、心と魂に落とし込みたいと思っています。
 

まだ残席少しだけあります。

ピンときた方はこちらをどうぞ。
奈良県より神伝人山田祥平さんをお迎えして【東京大神宮&靖国神社参拝ツアー】
 

山田祥平さんについてもっと詳しく知りたい方は、こちらをどうぞ。
神伝人(つたえびと)