写真 2017-09-07 12 01 44

昨日、『空に広がるメッセージ 田所伸子写真展』に行ってきました。

田所伸子さんの写真を見るのは、銀座と上野で開催されたZEN展に続き3回目です。
 

でも、ZEN展がさまざまな人が出展するのに対して、今回は個人の写真展。

『これは田所伸子さんの写真の世界を堪能するチャンス』

とばかりに足を運びました。

伸子さんの写真は不思議です。

その一瞬にしかない貴重な風景を捉えているからです。

写真にあまり興味がない私も、伸子さんの写真には思わず見入ってしまいます。
 

今回の個展のテーマは『空』です。

雲を中心としたさまざまな写真が展示してあります。
 

雲はその一瞬で姿かたちを変えてしまいます。

虹のように消えることはないにせよ、その一瞬を逃すとなかなか同じようなベストショットは撮れません。
 

青空に大きな翼が羽ばたいている雲、

ユニコーンの顔に見える雲、

この奥にはUFOが隠れている!?と思えるような不思議な雲、

夕暮れ時の茜色の空と灰色の雲との見事なコントラストを映し出している風景、
 

その一瞬を逃したら、二度と見ることができないような風景に目を奪われます。

どの写真も甲乙つけがたいのですが、敢えて1枚を選ぶとしたら『龍使い』の写真を選びます。
 

龍の上に天女が乗っているように見えるこの1枚。

写真 2017-09-07 12 01 58

見る角度や距離によってもその趣が変わってくるから不思議です。
 

龍が大好きな私の心を見事に捉えたこの場面も、きっと伸子さんがこの一瞬を逃したら見ることができなかったことでしょう。

そう思うと、いまこの瞬間にこの写真を見ていることがとても有り難く感じます。

伸子さんは不思議な方で、撮る場所や場面に導かれるのだそうです。

『撮らせてもらっている』

とご本人も言っていました。
 

個展には過去の写真のファイルも置いてあり、それも見せてもらいました。

写真 2017-09-07 12 01 51

伸子さんが捉えたさまざまな瞬間を見るたびに、

『本当によくこの瞬間を撮ることができたよなあ』

という思いがどんどん強まってきます。
 

俳人や歌人は、自らが感動したことを言葉で伝えます。

俳人や歌人だから、巧みで見事な表現をするということもあるでしょう。
 

でも彼らは、ごくありふれたような日常の中の一瞬の感動を逃しません。

その一瞬の感動を逃さない感性があるからです。
 

伸子さんはそれを写真で伝えてくれます。

写真 2017-09-07 12 02 04
 

森羅万象はさまざまな顔を私たちに見せてくれますが、

その中には、たまにしか見ることができないような『一瞬の奇跡』というような場面があります。 

彼女が導かれるように撮った1枚の写真は、その一瞬にしかない奇跡を捉えるのです。
 

人はそれぞれの視点でこの世界を眺めています。

当然、目に止まることも人それぞれ違います。
 

そして、多くの場合、いまここにある貴重な瞬間を逃してしまうものです。
 

伸子さんはその貴重な瞬間を写真に収めて、私たちに見せてくれます。
 

いまここにしかない奇跡とも言える瞬間を目の当たりにしたとき、

『ああ世界はこんなにも美しいものだったんだ』

と改めて思わずにはいられません。
 

一緒に行った千葉由紀子さんと共に、田所伸子さんの写真の世界の魅力を堪能した日となりました。
 

伸子さん、貴重な写真の数々を見る機会を与えてくれて本当にありがとうございます。

またの機会を樂しみにしてますね^^
 

P.S.伸子さんの個展は今月16日まで。

お近くの方やピンときた方はぜひ足を運んでみてくださいね。 
 

東急東横線「綱島」西口から徒歩1分の『ギャラリーだいあん』で開催されています。

伸子さん在廊日に行くと、作品の詳しいお話が聞けますよ。

ご本人のお話を直接聞くことで、より写真に対する凄さを感じることができると思います。
 

《伸子さんの在廊日》
8.9.11.12.16. 9日は14時頃から。
16日は最終日で16時まで。
14日は時間により在廊可能。
伸子さんに連絡してから行かれると確実です!
 

P.S.個展の後は、

『ここまで来たらやっぱり中華街でしょ!?』と中華街へ。

美味しい中華とビールを頂きました!

写真 2017-09-07 12 02 34