2017年8月8日のことです。

東京から愛知に行くこの日の朝に、突然ある人に手紙を書きたくなりました。

手紙と言ってもFBの投稿でです。
 

この8月8日はライオンズゲートと呼ばれる日。

実際に、私自身『まさか』と思えるようなことが起こりました。
 

それは、良いことだったのか、悪いことだったのか。

そう判断すべきことではなく、起こるべくして、起こったとしか言いようがないことです。
 

残念ながら、それをここで書くことはできません。

この手紙を書いたのは、そんな運命の分かれ道を迎えるような朝のことでした。

『拝啓』 アメノウズメ様

09011aa588925650f2bb29794a7db084_s

暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?
 

日々いろいろなことがありますが、私は元氣で過ごしています。
 

あなたと出会ってからもう少しで1年経ちますね。

その間にいろいろなことがありました。
 

いろいろなことを共有しましたね。

よく話し、よく笑い、よく呑みました。
 

そんなことを思っていたら、突然お便りを書きたくなってしまい筆をしたためた次第です。

突然つながった不思議なご縁

ゆっきーこと千葉由紀子さんに会ったのは1年くらい前のことです。
 

メンタル面のブロックや浄化などの必要性を感じていた私は瞑想を習ったり、いろいろなものを試していました。
 

 とあることから、

「マインドブロックバスターのセッションを受けてみよう」

と思うようになった私は情報を集めていました。
 

すると、

「知人で習ったことがあるという人がいる」

という話が入ってきたのです。
 

「聞いてみてくれませんか?」

と早速お願いしてみましたが、その方はいまは活動していないということでした。
 

ただ、その方が代わりに紹介してくれたのが千葉由紀子さんだったのです。
 

教えてもらったブログの写真を見た瞬間に何となくピンとくるものがありました。

そして早速コンタクトを取り、セッションを受けることに。
 

セッションはとある駅のカフェで行われました。
 

どこまで話していいのか分からないので省略しますが、

とにかくセッション後はスッキリと軽い氣持ちになりました。
 

そして、終了後に雑談をしてたのですが、かなり盛り上がってしまい

「まだ時間大丈夫?」と彼女が何度も確認を入れてきます。
 

どうやら話し好きで、つい時間が長くなってしまうのだそうです(笑)
 

その雑談でリラックスできた私は彼女にある写真を見せました。
 

実は彼女に会う前日に彼女のブログを数記事読んでいたら、突然言葉が出てきたのです。
 

それを和紙に筆文字で書いてみたのですが、さすがに初対面の人に

「あなたの詩を書いてきました」

と渡すことは躊躇い、とりあえず写真にとっておきました。
 

話の流れで写真を見せられるようなら、見せようと思っていたのです。
 

彼女は写真の詩を真剣に見ています。

そして、氣に入ってもらえたみたいなので後日送ることにしました。
 

「またブロックが出たら声かけてね」と別れ際に彼女が言います。

「はい、そのときはよろしくお願いします」と返事をして別れました。

その後も続く不思議なご縁

IMG_0899_sRGB (2) IMG_0898_sRGB (3)

正直、もうそんなに会うことはないかなと思っていました。
 

すると、それから二週間くらいでしょうか。

彼女からメッセージが来ました。
 

「ホツマツタヱの勉強会があるんだけど一緒に行かない?」

と誘ってくれたのがいと きょう先生の勉強会でした。
 

その後も、

「勤労奉仕に興味ない?一緒に行こう」

「オルゴナイトと精麻のワークショップがあるけど来ない?楽しいよ〜」

など誘いを受けるようになりました。
 

彼女はそんな感じで、出会った人を樂しい渦に巻き込んでいきます。

巻き込むというより、さまざまな出会いのチャンスを提供してくれるのです。
 

現に私は彼女と出会ってから、数えきれないくらいの人との素晴らしいご縁ができました。
 

でもこれは、彼女に言わせると、自分がそうしたいからやっているだけなのだそうです。
 

『この人と一緒に行きたい』

『この人を誘いたい』

彼女にとっては、ただそれだけなのです。
 

これは、なにも私に対してだけではありません。

彼女がそう思うすべての人にしていることなのです。
 

 

彼女の本業はダンサーです。

社交ダンスの先生をしています。
 

そして、

マインドブロックバスター、勾玉セラピストの両方を使いこなすセラピストでもあり、

勾玉オルゴナイト工房で勾玉オルゴナイトを製作するクリエイター&デザイナーでもあります。
 

多彩な顔を持つ彼女は日本神話に登場するアメノウズメノミコトみたいな人です。
 

その昔、天照大神が岩戸に隠れて、世界は闇に包まれたとき、、

なんとか天照大神を岩戸から出そうと神々たちはさまざまな策を考えます。
 

そのときに舞を踊ったのがアメノウズメノミコトです。
 

彼女の踊りに、神々たちは笑い声をあげます。

そして、その笑い声につられて天照大神が岩戸から顔を覗かせたところをアメノタジカラオにひきづり出されるのです。
 

アメノウズメノミコトは踊ることで渦をつくります。

その渦は笑いの渦となり、みなを楽しい渦に巻き込んでいくのです。
 

千葉由紀子さんはダンサーとして踊り、セラピストとして閉ざされた心の岩戸を開きます。

そして、勾玉オルゴナイトを造ります。
(岩戸開きの際に、神々がとった策の中には勾玉を造るというものもありました)

岩戸隠れは誰の人生にも起こること

08f78c1e9c993dbebc6a5620baaddba4_s

人生にはさまざまなことがありますよね?
 

挫折し、自分を見失うことは誰にでもあります。
 

天の岩戸隠れは単なる神話ではなく、誰の人生にも起こることを伝えてくれているのです。
 

誰もが岩戸に隠れた天照大神になるときもあり、その岩戸から出そうと懸命になる神々になるときもある。

人はひとりでは生きていけず、つねに助け合ってこそ自らの光を放っていけます。

助け合うことで、自分の中にある素晴らしい光を思い出すことができるのです。
 

暗い岩戸の中から、眩しい外の世界へと再び足を踏み出すことができるのです。
 

私は現在44歳。

この世に生を受け、両親に育ててもらい大人になりました。
 

たくさんの人に助けてもらえたからこそ今の私があります。
 

そして、何度か訪れた岩戸隠れから助けてくれた人たちがいます。

千葉由紀子さんは、その中の1人であり、私にとってのアメノウズメノミコトなのです。

何事にも樂しみながら本氣で挑むのが彼女の流儀

「人生は本氣の遊び」という彼女はとにかく全てにおいて本氣です。
 

ダンスも、セラピストも、勾玉造りも。
 

もしあなたが、何か迷いがあるなら、自分の中にある光を思い出したいなら、

彼女の本氣に触れて見てほしい。
 

マインドブロックバスターでも勾玉セラピーでもいい。

勾玉オルゴナイトを身につけるのでもいい。
 

勾玉は真我魂(しんがたましい)。

IMG_1756

真我、すなわち、あなたが本来の光を放って生きることをサポートしてくれます。
 

彼女の勾玉はひとつひとつにストーリーがあります。

そして、身につける人のために心を込めて造ります。
 

誰かを応援することも本氣な彼女は、『名詠み詩』という詩を書くサービスを私が始めるときも、誰よりも喜んでくれました。

FullSizeRender (4)

私よりも彼女の方が盛り上がっていたくらいです(笑)
 

彼女はきっとこれからも、本氣で人生を樂しみ、たくさんの人を樂しい笑いの渦に巻き込んでいくことでしょう。
 

彼女の本氣に触れたい方はこちらをどうぞ。

マインドブロックバスター

勾玉セラピー

勾玉オルゴナイト工房
 

敬具

追伸

常に本氣のあなたは、

「地球の自転速度と合ってないの〜」
「肉体が追いつかないの〜」

みたいなことをたまに言いますよね。
 

それだけ四六時中パワフルに動いているということはすごいことだと思います。

しかし、当然、心身のダメージもあるはずです。
 

あなたの本氣の想いを止めるつもりはありませんが、

どうかくれぐれも、お身体を大切にしてください。

あなたの深い愛を必要としている人はまだまだたくさんいます。
 

そして、私もまた、

『あなたと、まだまだたくさん話をして、笑い、呑みたい』

そう心から思っています。
 

本当にいつもありがとう。

そして、これからもよろしくお願いします。

心より感謝を込めて。

写真 2017-09-07 12 02 53

皇紀2677年8月8日

中澤勝巳