写真 2017-10-16 11 31 45

隠れ家的な素敵な民家『月白亭』で行なわれた極上のコンサート

昨日、祝詞シンガー わせ なつみさんのコンサートに行ってきました。
 

『祝詞シンガーってなんですか?』

と思った人もいるかもしれません。
 

まあ、読んで字のごとく祝詞を歌うのですが、

唄うというより祝詞だから奏上すると言った方がいいのかもしれません。
 

私も、わせ なつみさんのことは、CDを少しだけ耳にしたことがあるくらいでした。
 

生で聞くのは昨日が初めて。

ほぼ予備知識や先入観なしで、祝詞シンガー わせ なつみさんのコンサートを体感してきました。
 

昨日は、あいにくの雨。
 

よく、晴れると良い天氣、雨が降ると悪い天氣と言いますが、

そもそも天氣に良いとか悪いはないのだと思います。
 

雨は浄化作用があるともいいますしね。
 

この『あいにくの雨』という表現も都合や具合が悪いといった感じで使われますよね。

確かに、出かける際に不便なことはあるかもしれませんが、、、

コンサートは14時頃から始まりました。

写真 2017-10-15 14 17 12

大祓の祝詞やホツマツタヱに出てくる和歌、個人の名前を使った和歌、

なんと、すずりんこと鈴木邦明さんの詩集の詩まで。

写真 2017-09-16 15 46 04

なつみさんは、その言葉に込められた想いや意味を真琴のメロディーに乗せて歌っていきます。
 

一音、一音その想いや意味を味わうかのように発せられるその言霊は、

バイブレーションとして聞いている私たちに伝わってきます。
 

ご主人でもある、わせ のせわさんが神具?(神楽鈴でしょうか?ちょっと詳しく分からなくてすみません)で、

秋葉由美さんがシンギング・リンで、なつみさんのその言霊のバイブレーションに絶妙な音霊を添えていきます。
 

私は目を閉じて、その言霊、音霊のバイブレーションを全身で、心で、魂で感じていました。
 

その心地よさに身を任せていると、心や魂はどこか別の世界や次元にいってしまったかのようです。
 

 

アワの歌を全員で歌ったりもしました。
 

やはりみんなで歌うと、バイブレーションの共鳴効果みたいなことが起こるみたいで、

ひとりで歌うよりもさらに心地よい感じになってきます。
 

そんな、なんとも言えない心地よさに自分のすべてを委ねたような約2時間のライブは、

あっという間に過ぎてしまった感じです。

終わった後で、、、

一緒に行った由紀子さんに、

『どうだった?』

と聞かれた私は、
 

『祝詞がこんなに心地よいものだとは思わなかった』

と答えました。
 

『それは、わたしたちに向かって奏上してくれているからだと思う』

と由紀子さんが言います。
 

ああ、なるほどと納得。
 

普段私たちは神主さんが神様に向かって祝詞を奏上するのを聞いています。

神主さんの背中越しに聞いているということですね。
 

しかし、今日はわせ なつみさんが私たち観客に向かって奏上してくれています。

だから、その祝詞の言霊、バイブレーションをより味わい深く感じることができたのでしょう。
 

もちろんそれは、なつみさんの声の素晴らしさもあります。

なつみさんの声は観客に歌っているというより、まるで私たちの内なる神さまに奏上してくれているかのようです。
 

なつみさんから奏上された祝詞や和歌などの言霊のバイブレーションをまさしく全身全霊で浴びまくったコンサートとなりました。

終了後の直会にも参加しました。

写真 2017-10-16 11 41 28

何とも言えない心地よい感動に包まれていましたが、、、
 

直会になった途端、その感動は一挙にどこかへ行ってしまうほど、違う展開に(笑)

お腹がよじれるくらいの笑いの渦が起こるような雰囲気へと変わっていったからです。
 

特に、ご主人のわせ のせわさんのトークは抜群に面白くて、

一緒にいった妃登美さんと、勤労奉仕でもご一緒した仁後圭音子さんの

三人のコンビでお笑いのコントをしているかのような展開に(笑)

写真 2017-10-15 19 04 11

と思ったら、すずりんが真琴を持って、弾き語りを始めたり(笑)

写真 2017-10-16 11 41 57 (2)

あれ?あの感動はどこへいってしまったの?

と思ってしまうほど、大笑いした直会となりました。

隠れ家的なすてきな民家『月白亭』で行なわれたこのコンサートと直会。

写真 2017-10-16 11 32 48

また、この直会で出されたお料理の素晴らしいことと言ったら!?

写真 2017-10-16 11 41 05

写真 2017-10-16 11 41 16  写真 2017-10-16 11 41 32

写真 2017-10-16 11 40 45  写真 2017-10-16 11 40 50

写真 2017-10-16 11 41 36

『えっ?こんなに豪勢なおもてなしをしてくださるの?』

と思ってしまうほどです。
 

美味しい日本酒、美味しいお料理、そしてあちこちで沸き起こる笑いの渦。

本当に素晴らしすぎる一日となりました。

P.S.シンギング・リンで施術や浄化もしてもらいました。

写真 2017-10-16 11 41 01 (2)

秋葉由美さんはシンギング・リンでコンサートにも参加していましたが、始まる前や、直会までの合間に、

シンギング・リンでの施術や勾玉オルゴナイトや財布の浄化もしてもらいました。

写真 2017-10-15 13 55 54

写真 2017-10-16 11 43 17 (2)

勾玉オルゴナイトがピカピカになったり、施術も少しだけでしたが、

そのバイブレーションが織り成す不思議な空間の中で体内の水が共鳴して喜んでいるかのようでした。
 

とても心地よく、不思議な感覚を味わわせて頂いた感じです。
 

わせ なつみさん、わせ のせわさん、秋葉由美さん、

おもてなしをしてくださった月白亭の杉田さんやお手伝いしてくれた皆さま、そして、ご一緒に参加した皆さん、

お蔭様で感動あり、大笑いありの最高の一日を皆様と一緒に過ごすことができました!

本当に素敵なひとときをありがとうございました!
 

 

わせ なつみさんHP

秋葉由美さんHP
 

あっ、ちなみにこの記事に出てきた鈴木邦明さんの詩集『生命の花をこの世で咲かそう』はこちらからお求め頂けます。