写真 2017-10-20 12 48 06

素敵な姉妹展~行雲流水の世界

昨日、青山で開催されている『則子&道子姉妹展『行雲流水』書&ARTふたり展』に行ってきました。
 

この個展は、島田則子さんと中澤道子さんの姉妹で開催しているものです。
 

テーマである『行雲流水』の意味は、

空ゆく雲や流れる水のように一時に執着せず自然に任せて行動すること。
 

そして、お二人の想いを中澤道子さんのブログより言葉をお借りすると、

『行雲流水の如く生きようということで、自由に自分のできるアートの表現をしようと思い立ちふたり展とあいなりました』

とのことです。
 

島田則子さんは『書』で、中澤道子さんは『パステル』や『曼荼羅アート』で。

ふたりそれぞれが、自由に織り成す創造の世界から、大いに刺激を受けてきました。

島田則子さんの『書』は力強いものもあれば、流れるように美しいものがあったり。

本当に多種多様な書体で表現されていて、その書いてある文字のイメージが本当によく伝わってきます。

写真 2017-10-20 13 14 32 写真 2017-10-20 13 08 43

写真 2017-10-20 13 07 52  写真 2017-10-20 12 46 51

ご病気の方に送ったという『延命十句観音経』も展示してありました。

写真 2017-10-20 13 08 36

その方はいまではご病気も治ってお元氣だそうです。

そして、この書が大変励みになったというお話も聞かせてもらいました。

本当にすてきなお話ですよね。
 

島田則子さんはとても凛として素敵な方です。

その忌憚ないもの言いは、聞いていて清々しさすら感じます。
 

実は、妹の中澤道子さん、そして、本日来ていたご友人の河村朱美さんは、

私の『名詠み詩』を購入してくれたお客さんでもあります。
 

個展も楽しみにしていましたが、お二人に是非お会いしたいという思いもありました。
 

島田則子さんは私が書いた『作品』をご覧になってくれていたみたいで、

忌憚ない貴重な感想とアドバイスを頂きました。

ありがとうございます!

そして、中澤道子さんの作品です。

パステルで描いた本当に可愛らしい作品もあれば、

アクリルで描いた曼荼羅を色とりどりで美しく表現されている作品もありました。

写真 2017-10-20 12 47 26 写真 2017-10-20 12 47 32

写真 2017-10-20 12 47 44

魔女や黒猫、もぐら、天使見習いなど、作品の説明から、その可愛らしい世界観が伺えます。

曼荼羅も本当に見事で、こういう表現もあるんだなあと見とれてしまいました。

写真 2017-10-20 12 22 37 写真 2017-10-20 12 21 17

写真 2017-10-20 12 21 14 写真 2017-10-20 12 21 23
 

道子さんは自然をこよなく愛する天真爛漫さと凛としたところを合わせ持っているような人です。
(と私は勝手に思ってます 笑)

だから、表現する作品も可愛らしいものから、美しく鮮やかなものまで幅が広いのかなあとも思います。
 

また、道子さんは秀柳フレームという独自のフレームも作られていて、講座で教わることもできるそうです。
 

秀柳フレームとは、中澤道子さんのブログより言葉をお借りすると、

アクリルフレームの進化版として考えたフレームです。
色々な紙を使って作る楽しくて個展などでも飾っていただけるいままでのフレームよりより進化したグレードの高いものです。

とのことです。
 

興味がある方は、中澤道子さんのブログをご覧下さいね。

「エヴァの森」

表現の世界には、決まりもなければ、正解もありません。

書家やアーティストは、その中で自らの内側の宇宙から、この現実世界へと、自らの想いや感情を投影します。
 

私も筆文字作家として詩を書きますが、その正解がない中で作品を創り出すということに、不安を感じるときもあります。

それは、綱渡りをしているみたいに、フラフラしながらも答え(作品の完成)に行き着くようなものかもしれません。
 

そして、表現をする人は、これで満足という感覚はないように思います。

もっとよりよいものを創り出したいという衝動があるからです。
 

みんないろいろな想いをもって、創作活動をしていると思いますが、

それでも創り出すという喜びもあるのが、表現の世界。
 

そして、さまざまな表現者の世界に触れることは、自らの創作活動への大きな刺激となります。
 

この日は、島田則子さん、中澤道子さん姉妹の個展の世界を十分に堪能しつつ、

実際にお話することで、とても樂しい時間を過ごすことができました。
 

島田則子さん、中澤道子さん、ご一緒した河村朱美さん、関智実さん、

そして、中澤道子さんと河村朱美さんを私にご紹介してくれた田辺妃登美さん、

すてきな時間を本当にありがとうございました。

写真 2017-10-21 12 06 53
 

P.S.この『行雲流水』の世界観を堪能できるのは明日まで!

ピンときた方は是非足を運んでみてくださいね。
 

作品を堪能するだけではなく、お二人とお話をするのもとても樂しいですよ。
 

下記、個展の情報です。

10月20日(金)12:00~18:00
21日(土)11:00~18:00
22日(日)11:00~16:30

場所:サイト青山
港区南青山2-7-9
東京メトロ銀座線・半蔵門線・大江戸線『青山一丁目』駅下車 5番・3番出口徒歩5分

サイト青山