23621999_2224606721099267_4584401381153835822_n (2)

ウツホ(宇宙)三人展~太古の記憶を体感した日

『太古の昔、はるか、はるか昔のことに思いを馳せることはありませんか?』

23621322_2224606791099260_2526738711204454183_n

太古の昔より、この世界に、そして人類には刻まれてきたさまざまな記憶があります。
 

しかし、脈々と刻まれたそれらの記憶には、人類によってさまざな解釈がつけられてきました。

それが、いつしか『学問』や『常識』というものになり、やがて共通認識へと定着します。
 

これは伝えるという面では確かに便利です。

しかし、いったん固定されてしまうと、それ以外の情報が亜流や異端とされてしまうという側面もあります。
 

そして、体系化されればされるほど、理性で学ぶということになり、感性、感じることがないがしろにされてしまうのです。

そうなると原初の「記憶」であるダイナミズムが失われてしまい、形骸化、形式化したものになってしまう。
 

理性で学ぶことも大切ですが、感性で感じることをないがしろにすると大きくバランスを欠きます。

理性と感性は両輪だからです。
 

『学問』や『常識』という箱から思い切って飛び出して、感性で感じてみる。

そんな時代になってきているような氣がします。
 

『何が正しい』

『何が間違っている』

そんな論争に意識を向けるよりも、まず自分自身が素直に感じてみる。
 

それが大切だと私は思います。
 

そうすることで、いままでと違った感覚を得ることができます。
 

そう人類が忘れていたような感覚をです。
 

昨日行った、ウツホ(宇宙)三人展で私はそれを体感してきました。

それはいったいどんなものだったのでしょうか?

ウツホ(宇宙)三人展とは?ヲシテ文字とは?

ウツホ(宇宙)三人展は、ヲシテ文字による書道展です。

写真 2017-11-20 15 47 13

ホツマツタヱ研究家のいときょう先生、墨Artistの今澤雨虹(いまざわうこう)さん、植物筆書家の岡ふよろさん、フォトグラファーの小山義之さんによって開催されました。

写真 2017-11-20 15 47 31

ヲシテ文字とは漢字が伝わる以前からあった日本にあった古代文字のひとつ。

『ホツマツタヱ』という歴史書はこのヲシテ文字で書かれています。
 

私がこの『ホツマツタヱ』を知ったのは1年くらい前で、ホツマツタヱ研究家のいときょう先生の勉強会に参加させてもらったのがきっかけです。

写真 2017-10-22 12 04 48

そこで知った縄文人の宇宙観というものにすっかり魅せられてしまいました。
 

ヲシテ文字は母音が宇宙の五元素を、子音がそのエネルギーの状態を表しています。

そこには縄文人が宇宙、森羅万象から体感したことや、そのエネルギーがそのまま文字に収められているのです。
 

私も筆文字でヲシテ文字を書くのですが、今回のウツホ(宇宙)三人展の作品たちを見て、

『これこそがヲシテ文字!』

とタマシイのタマが震えるような感覚を覚えました。
 

その理由は、その「躍動感」と「生命力」です。
 

木の枝など自然のものを取り入れて描かれた線、感じるままにランダムに点在する文字、ところどころに飛び跳ねている墨など。

文字が「躍動感」と「生命力」にあふれて、まるで生きているかのようです。
 

そんな素晴らしい作品をご紹介したいと思います。
 

「アワの歌」

まるでメロディーに乗って歌っているかのよう

23659551_2224606987765907_8361535594857784630_n
 

ヲシテ文字一覧。

23754942_2224606951099244_5715073800973642568_n
 

この見事な躍動感!

23621999_2224606721099267_4584401381153835822_n

23658689_2224606751099264_6301036662246727822_n

23622469_2224606657765940_3987392236987903297_n
 

「命の木」

生命力に満ち溢れています!

23722318_2224606067765999_3528864122257522568_n
 

ホツマツタヱ研究家のいときょう先生と。

写真 2017-11-20 16 41 02

(撮影:小山義之さん)
 

『ヲシテ同好会でフトマニ図書きたいね~』

と話す私と由紀子さん。

写真 2017-11-20 16 41 01 (2)

(撮影:小山義之さん)
 

『この躍動感がすごいよね!』

写真 2017-11-20 16 41 01 (1)

(撮影:小山義之さん)
 

『空間を活かして、上にも展示しているのが素敵!』

写真 2017-11-20 16 40 58

(撮影:小山義之さん)
 

それを実際に書いて体感することもできます。
 

アイテムは木の枝など植物を使います。

23658454_2224606441099295_6074263046486627639_n
 

墨Artistの今澤雨虹さんに使い方を教わります。

写真 2017-11-20 16 41 02 (3)

(撮影:小山義之さん)

写真 2017-11-20 16 41 01

(撮影:小山義之さん)
 

大きな紙に自由に書く開放感!

23754841_2224606377765968_6997915556174814780_n
 

「イヤサカ」の「イ」を書いているところです。

23621393_2224606544432618_7668589030673041369_n
 

先ほども書きましたが、ヲシテ文字は母音が宇宙の五元素を、子音がそのエネルギーの状態を表しています。

ヲシテ文字は縄文人の宇宙観をそのまま表しているのです。
 

展示してある作品は、その原初の宇宙観をそのまま表現しているかのようです。

まるで文字が呼吸して、鼓動しているかのように。
 

ここに「理性」を働かす余地はありません。

ただ「感性」を解き放ち感じればいい。
 

『太古の記憶を呼び覚ませ!』

そんなメッセージを受け取ったような氣がしました。

23755267_2224606611099278_7450962961085652070_n

23659284_2224605891099350_1811701651378862203_n

ウツホ(宇宙)三人展を堪能した後は、、、

23755473_2224606001099339_1229101264851373622_n

展覧会をたっぷりと堪能した後はランチに行きました。

右奥から、『アワ歌で元気になる』の著者の宮﨑貞行先生、愛知からお越しの吉野由美さん、ホツマツタヱ研究家のいときょう先生です。
 

ランチもとても美味しかったのですが、こちらの御三方のお話がとても素晴らしくて、、、。

勉強会さながらで豪華なレクチャーを受けているかのようでした。
 

日本についての知識だけでなく、感性も豊かで、なにより日本のことを本当に想っている方たちばかり。

理性と感性のバランス、そして本質をつくお話は心に深く感じ入りました。
 

ウツホ(宇宙)三人展だけでも素晴らしかったのに、こんなに素晴らしいお話も聞けるなんて。

こういう素敵な展開がたまらなく面白いですし、有り難いです。
 

いときょう先生、今澤雨虹さん、岡ふよろさん、小山義之さん、素晴らしい展覧会をありがとうございました!

いときょう先生、宮﨑先生、吉野由美さん、素晴らしいお話をありがとうございました!
 

 

P.S.ホツマツタヱやヲシテ文字について詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ。

動画で学ぶホツマツタヱ

ホツマツタヱに関する書籍はこちらからご購入できます。

ホツマ出版株式会社

また、アワ歌について詳しく知りたい方はこちらの記事もどうぞ。

真実はシンプル~アワ歌の48音(文字)の響きに隠された秘密
 

 

私も枝と葉っぱを拾ってきて、書いてみました。

写真 2017-11-20 20 25 16

「記憶」と書いてあります。

展示してある作品みたいにはいきませんが(笑)

写真 2017-11-20 20 53 29