23800196_1540742812684176_6369247212090427845_o

11月23日は勤労感謝の日。
 

これは1948年に制定された国民の祝日で、  

「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」

というのが主旨なのだそうです。
 

しかし、(知っている人には馬の耳に念仏でしょうが)もともと11月23日は新嘗祭(にいなめさい)と呼ばれていました。
 

新嘗祭は天皇が神様に五穀豊穣への感謝を捧げる収穫祭で、数ある宮中祭祀の中でも非常に重要なものです。

もちろんこれは、天皇だけでなく国民全体で神様に感謝して収穫を喜び合う日でもありました。
 

現在では農家を営んでいる人の割合が少ないので、こういう意識が低くなるのも仕方がないのかもしれません。

しかし、この新嘗祭が勤労感謝に変えられたのは、戦後のGHQの占領政策によるもので、天皇行事・国事行事から切り離すために行われたものでした。
 

新嘗祭は宮中で現在も行なわれています。

午後6時から午後8時の「夕の儀」と午後11時から午前1時の「暁の儀」の合計4時間。

天皇陛下は寒い中、重く動きづらい装束を身にまとい、大半の所作を正座したままで儀式を行われるのです。
 

元日の四方拝に始まり、宮中ではこのような宮中祭祀が厳かに行われています。

『国安らかに 民安かれ』

天皇は国民のために無私の精神で祈りを捧げ、国民は天皇の大御心を戴く。

そこにある尊敬と信頼が日本という国の根底にあるように思います。
 

『新嘗祭』⇒『勤労感謝の日』という言葉のすり替えは、天皇と国民を切り離すという意味で、日本人の精神のすり替えをするのに有効だったのでしょう。

もちろん、全ての人がそうだったわけではありませんが、日本人の中で「天皇」という存在が曖昧な感じになっていた人は多いと思います。 
 

でも、それは今までがそうだっただけのこと。

今から思い出せばいいだけで、日本人の根底にある精神性が消えることはありません。
 

そんなことを思っていたら、浮かんだイメージはやはり?日の丸と富士山。

そして浮かんだ言葉は「日本」ではなく「やまと」でした。