このブログは『原点回帰』というテーマで書いています。その意味は『本来の自分』という原点に還ることです。『自分らしく生きる』ことを求める人のお役に立てれば幸いです。

TAROの詩

IMG-2327

詩の朗読はこちらから


 

そこには全てがあった
 
太古の昔より
 
刻まれてきた
 
人類の絶望も希望も
 
そこには全てがあった
 
痛々しい傷も
 
苦痛の叫びも
 
果てしなく流れ続けた涙も
 
ドロドロとしたどうしようもない憎しみも
 
やり場のない怒りもそこにはあった
 
真っ暗な闇の中に取り残された孤独もあった
 
ありとあらゆるものが破壊され
 
奈落の底まで落ちて落ちていく
 
失うものはもはやなく
 
空っぽになっていく
 
ゼロになっていく
 
なにもなくなっていく
 
もう全てが終わり
 
空っぽの自分
 
ゼロの自分
 
空っぽの世界
 
ゼロの世界
 
でも終わりなんてなかった
 
この世界に終わりなんてなかった
 
空っぽになったとき
 
ゼロになったとき
 
湧き上がるエネルギーがあった
 
生きるというエネルギーがあった
 
立ち上がろうというエネルギーがあった
 
再び生きる、再生するというエネルギーがあった
 
この宇宙は流転を続ける
 
栄枯盛衰を繰り返す
 
花は散っても
 
木枯らしに耐えながら
 
やがて新たな芽を出す
 
人の命も肉体も
 
やがては滅んでいくが
 
魂は新たな肉体に再び宿る
 
ここには希望があった
 
新たな命の誕生を喜び
 
共に生きていく喜びがあった
 
人を愛するという喜びがあった
 
愛する人と共に生きていく喜びがあった
 
大声で、腹の底から笑うという樂しさがあった
 
自由に創造するという樂しさがあった
 
ここは人類共通の記憶の泉
 
太古の昔より刻まれてきた全てがここにはあった
 
全てが破壊された絶望がここにはあった
 
そして、、、
 
明日を生きるという希望もここにはあった


PAGETOP
Copyright © 原点回帰.net All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.