「道は未知、未知なる道」

過去の自分も、

いまの自分も、

これからの自分も、

全てが人生という自分の「道」として繋がっている。

 

ダメダメでどうしようもない自分もいた。

情けない自分もいた。

みっともない自分もいた。

でも、その自分をなかったことにはできない。

 

過去の自分をぶつ切りに分断していては、

人生という「道」は不完全なものとなる。

全ては一連のストーリー、人生の物語として大切な要素。

 

人生という「道」は本当に「未知」です。

未知数半端ないくらい。

 

そして、

「この先どうなるか分からない」

「何が起こるか分からない」

からこそ面白さ、醍醐味もある。

 

「未知(みち)なる道(みち)」を、

かけがえない人生という道(未知)を、

楽しんで歩んでいきたいな、と。

 

※写真の「道」は筆文字を初めて、本当に初期も初期の作品です。

FBを初めてまもない頃に投稿したときに書いたものです。

「人が走っているようだね」

という感想をくれた人もいましたが、

そう言われれば、そうかもしれませんね。

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です