あらがえない「流れ」の中で

人生においても、

時代においても、

必ずやってくるのが転換点。
 

見えざる「なにか」によって、

動かされるように「大きな流れ」が起こるとき。
 

様々な問題が浮き彫りになり、

変わらざるをえない状況に直面したりもする。
 

そんなとき、

その「大きな流れ」に、

抗うか、
乗るか、

でその後の展開は大きく変わってくる。
 

敢えて、抵抗して「逆流」に身を投じるのか、

無駄な抵抗はせずに「流れ」に身を任せるのか。
 

どっちを選ぶのかが、

優れているとか、

劣っているとかではない。
 

あくまで「選択」があるというだけ。
 

でも、どうせなら、

アタマじゃなく、

ハートが、
タマシイが、
内なるカミが、

感じる方へ、と。

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です