点(てん)は天(てん)に通ず

心が静まり返り、

目の前のことだけに、

集中している。
 

そんなときがある。

「一瞬、一瞬」を感じる喜びを味わうかのように。
 

過去も、
未来も、
周囲のことも、

何も気にならない。
 

あるのは「今ここ」だけ。

「今ここ」にいる自分だけ。
 

そんなとき人は、
「後悔」からも、
「心配」からも、
自由になる。
 

「後悔」は過去にあり、
「心配」は未来にあるから。
 

周囲のことが気にならないのは、

「視点」が他人軸から自分軸へと戻っているから。
 

他人がどうとか、
社会がどうとか、

ではなく、
 

自分がどうこの世界を認識しているのか、

という本来の位置に。
 

そこには「誰かのせいにする」という楽さはない。
 

でも、

「自分次第で状況をコントロールできる」

という自由さ、パワフルさがある。

他人や周囲の状況に支配されない、という。
 

自分に集中。

今ここに集中。

一点集中。
 

そんなとき人は、

視座が上がり、
視野が広がり、
俯瞰して、

物事をニュートラルに観れるようになる。
 

点(てん)は天(てん)に通ず。
 

八方塞がっても、

上は空いている。

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です